お知らせ

待望の血糖値測定ウェアラブル発表!!そして追加デバイスも同時公開


CES2018 1日目

WGNのブースでは、みなさま待望の血糖値測定ソフトウェアが発表されました!!
血糖値測定のソフトウェアは、Helo LX Plus、Helo LX Proはもちろん現行モデルであるHelo LXでも利用ができるようになります。

またHelo extenseというHelo用の追加デバイスを導入することによって、Helo LX、Helo LX Plusに接続している間に、血糖値測定ソフトウェアを通じて最大9段階までの驚異的な精度で血糖値を測定することができます。
ただし血糖値測定ソフトウェアの精度はデバイスによって異なり、Helo LXは3段階(Low、Normal、High)、Helo LX Plusは9段階での測定となります。

このHelo extenseはどのように使用するデバイスなのでしょうか。
形だけ見るとパルスオキシメーターのような形に見えますが・・・
詳細については、今後の発表を待ちたいと思います。

なお公式リリースは2018年2月となっています。
そして、1月8日まで行われていたサイバーウィーク期間内にHelo LX Plusパックを予約購入した人には、特典として血糖値測定ソフトウェアとHelo extenseデバイスが無料で提供されるようです!
また、来月発売の血糖値測定ソフトウェアを購入することでHelo extenseデバイスを無料提供してくれるようですので、気になる方はご購入を検討されてみてはいかがでしょうか?

※血糖値測定ソフトウェアは$299($500以上の価値)、Helo extenseは送料のみとなっています。

最後に、パンフレットの写真を見るとHelo2の文字が!?Σ(゚Д゚)
このHelo2の説明では、Helo extenseがなくても9段階の血糖値測定が可能になるようです。
2019年の発表ということでまだ先になりますが、このように毎年モデルチェンジを重ねグレードアップしていくHeloシリーズは、将来的にどのようなデバイスに進化するのかと思うと、ワクワクしますね♪

ページ上部へ戻る